食欲 抑える 月経

月経前に食欲が抑えられなくなってドカ食いに注意

 

女性にも男性にも月経周期は存在しますが、
女性は特に顕著に現れます。
月経前症候群に代表されるように、
様々な症状で辛いおもいをされる方も多いでしょう。

 

月経前になると食欲を抑えることが
難しくなってドカ食いしてしまう方もいます。
甘いものや辛いものが食べたくなったり、
食に関する欲求を抑えることが
とても難しい時期がありますね。

 

月経は1ヶ月に1度のペースでやってきますので、
ドカ食いも積もれば体に悪影響ですし
体重も増えてしまいます。
うまく付き合って、食べたい気持ちを
抑える工夫をしてみましょう。

 

月経前にイライラしたり
食欲を抑えることができなくなるのは

「プロゲステロン」という女性ホルモンが
関係しています。

 

月経前の過剰分泌により血糖値が下がることで
「食べないといけない」という本能のスイッチが入ってしまいます。

 

食欲を効率よく抑制するには、
血糖値が一定であることが一番です。

プロゲステロンの分泌を減らすことは難しいので、
血糖値を一定に保つ工夫をしてみましょう。

 

私たちの1日の食事回数は平均2〜3回です。
習慣になっているので特に問題に感じませんが、3回ですと
血糖値の上下がどうしてもおおきくなってしまいます。

 

一定に保ちたい時期には、
食事回数を5〜6回に分けてみましょう。
時間の間隔は3〜4時間が目安です。

 

その際、炭水化物を抜くことはやめましょう。
炭水化物は血糖値の維持には欠かせませんので、
それを抜くと安定させる効果が薄れてしまいます。
また食欲を満たすためには「食べた実感」が必要ですので、
ごはんやパンは摂るようにしましょう。
食事量は変わらないように調整してください。