食欲 抑える コーヒー

コーヒーはブラックのホットで食欲を抑えましょう

 

コーヒーにはカフェインという成分が
入っていることは皆さんご存知でしょう。
眠気覚ましのイメージが強いコーヒーですが、
実は食欲を抑える効果もあるのです。

 

カフェインには脂肪を分解して血糖値を上昇させる働きがあります。
同時に自律神経や交感神経を刺激する作用もありますので、
飲んだ直後ではなく1時間程度おいた後に食事をするのがいいですね。

 

飲む量は個人差があるでしょうが、
カップ1杯〜2杯程度が適正でしょう。
胃酸の分泌を促す効果がありますので、
空腹時に飲みすぎると
胃腸が荒れる原因になります。

 

飲み方は理想をいえばホットのブラックがおすすめです。
ブラックが苦手な方はミルクを少しか、
はちみつやオリゴ糖などを入れるようにしましょう。
白砂糖では食欲を抑える意味がなくなってしまいます。

 

また、食欲を抑える効果とは少し違いますが、ブラックコーヒーには
脂肪燃焼効果があるとわかっています。
ただし、飲んだ後に適度な運動をすることが必要です。

 

コーヒーを飲むことで、脂肪がエネルギーに
変わる準備段階に入ることができます。
そこでプラスの運動が効いてくるのです。
30分〜1時間程度の散歩でも効果があります。

 

嗜好品としてあまりいいイメージを持っていない人も
いるかもしれませんが、
コーヒーの作用は近年見直され注目されています。
食欲を抑える効果と共に他の効果も
体験してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに水代わりにコーヒーを飲むような
ヘビードリンカーさんは、一旦お休みしてみましょう。

1週間程度間を空けると、カフェインの効果が実感できますよ。