食欲を抑える方法

満腹中枢を刺激

普段は普通の量しか食べないのに、生理が終わったら急激に食欲が出てしまうという方も多いでしょう。生理というのはホルモンの分泌量が変化するので、いつもとは身体の状態が異なってしまうことも多く、食欲が増すのもその変化の一つの症状と言えます。

 

このような身体の変化を引き起こすのが、黄体ホルモンという女性ホルモンです。

 

生理が終わってから次の生理が始まるまでは、黄体ホルモンの分泌量が増えてしまうので、自分の意識に関係なく食欲が湧いてしまいます。黄体ホルモンというのは、妊娠できる身体を作るために栄養を蓄えようとする働きを持っているので、普通よりも多く分泌されると食欲が増加するのです。

 

基本的に、生理によってホルモンの分泌量が乱れても、しばらくすると元に戻るので神経質になる必要はありません。ですが体調や精神状態によってはホルモンの分泌量の変化が続いてしまうので、食欲が抑えきれないということもあります。

 

食欲に任せて食べてしまったら、当然ですが太ってしまうのでなんとかする必要があります。

 

生理後の食欲は旺盛なので、満腹になったとしてもちょっと時間がたつとお腹が空いてしまいますし、満腹になるまで食べ続けないと気がすまないという厄介な状態です。ですので、食欲を抑えるには、できるだけ少量で満腹感を得ることがポイントになります。

 

豆腐など低カロリーでお腹にたまりやすいものを食べるようにするのもいいですし、満腹中枢を刺激できるように固いものをゆっくりと、よく噛んで食べるのもいいですね。ただし、血糖値が下がるとお腹が空いてしまいますし、お腹が空くとさらに血糖値が下がるので暴飲暴食を引き起こしてしまいます。

 

このような状態を防ぐには、さつまいもやかぼちゃなど血糖値を維持しやすい食材を常備しておくのがオススメです。

 

もし食べ物でコントロール出来ないのであれば、アロマや運動などを利用するのもいいですね。

 

グレープフルーツやサンダルウッドのアロマオイルの香りは心を落ち着けたり、食欲を抑える効果があります。また、適度な運動というのは食欲を抑えることができるので、ご飯を食べる前にウオーキングやストレッチをすると効果的です。