夜 食欲 止まらない

夜の食欲を抑えるために

夜と言うのは、一日の疲れが一番出る時間帯です。
その代わり、朝や昼間のように、やらなくてはいけないことがある、
という時間ではありません。

 

だから、食事もゆっくり摂れるので、3食の中でも
夕食は一番カロリーを摂取してしまったりします。
また、夜中まで起きているとお腹が空いてくるので、
夕食を食べたとしても
何か食べてしまうという方も多いようですね。
とにかく、夜は忙しくないために、
食欲が増してしまうことが多いのです。

 

でも、食べた後は寝るだけですから、
食べれば食べるほどカロリーが蓄積されます。
そのため、夜の食欲は、成人病や肥満のもとになってしまいます。
そんな夜に食欲を抑えるのに最適な方法とは。

 

ぬるめのお湯でゆっくり入浴して食欲を抑える

眠れなくてお腹が空いて起きてしまっている場合には、
ぬるめのお湯でゆっくり入浴しましょう。
体が適度に温まると、副交感神経が働くので
リラックスして眠くなります。
また、入浴することで食欲も抑えることが出来ます。

 

ノンカロリーの飴などを舐めて血糖値をあげてごまかす

とにかく食べたい、と言う欲求が強い場合には、
ノンカロリーの飴などを舐めて血糖値をあげましょう。
これは夜の食欲だけではなく、
食欲が抑えられない時にも有効です。

 

根本的に食べ物を買い置きしないというのも効果的

夜は、買い物に行くのは億劫になるので、
食べるものが無ければ我慢するしかありません。
最初はつらいかもしれませんが、その内諦められますし、
その状況に慣れれば食欲を感じることも少なくなります。

 

ちなみに、音がうるさい環境と言うのは気分が
高揚して食べ過ぎる、ということがあるようです。
ですから、夜は、テレビは消して、静かな音楽やアロマを焚くなど
穏やかに過ごすようにするのもいいでしょう。