食欲 抑える 色

食欲を抑える効果がある色は寒色系

普段私たちは全身の感覚を
無意識に使いながら生活しています。
俗に言う「五感」というもので、
「視覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」「聴覚」がそれです。

 

これらの五感を使って食欲を抑えることができます。
中でも「視覚」は、その特徴を生かすことで
かなりの効果が期待できます。
盛り付けひとつとっても例外ではありません。
同じ料理で同じ材料を使っていても、
盛り付け方や配置、お皿の色や形などで
印象はガラリと変わります。

 

「赤は食欲増進、青は減退」
の効果があり、脳の満腹中枢に働きかけます。
暖色系統の赤や黄色、橙色などを見ると
「お腹がすいた」と感じ、
寒色系統の青や紫、灰色などは気分を
沈静化しますので欲求を抑えることができるのです。

 

飲食店の看板や内装で青がメインのところはとても少ないはずです。
これは色覚効果を意識して作られているからですね。
食欲を抑えてしまっては飲食店としては致命的です。

 

この効果を利用した「青色のふりかけ」や「青色メガネ」が
ダイエットグッズとして注目されました。
確かに、青色のふりかけのごはんは食べたくありませんよね。
青色もそうですが、熟する前の野菜の色は
基本的に食欲を抑える効果があります。
紫や黄緑などがそうですね。

 

 

 

ダイエットをしたい、食べる量を減らしたいという方は
このような寒色系の色を積極的に取り入れてみましょう。
まずは食器を青色に変えるだけでも効果がありますよ。
視覚という点を使えば、目隠しをして
食べるというのも効果があります。
脳に直結する感覚を塞ぐことで、脳の興奮を抑えられるんですね。
試してみる価値はありそうです。