やたら腹が減る 病気

やたら腹がへるのは病気?

自分では理由は分からないけど、
やたら腹が減るということがあると思います。
きちんと食事を摂っていても、例え食べ過ぎだったとしても、
腹が減るという方もいるでしょう。
こういった状態になるには、いくつかの理由が考えられます。

 

食事の内容が原因の場合

糖質をたくさん摂れば、その分血糖値が上がり
満腹感を得ることが出来ます。

 

だけど、糖質だけに偏っている
食事だと、
ブドウ糖の吸収が早くなって、インシュリンが大量に分泌されます。
すると血糖値が下がりすぎて低血糖になり、
脳はブドウ糖が不足していると感じてしまいます。
だから、ちゃんと食事をしているのに、
お腹が減ってしまうのですね。

 

食事制限によるストレスから来る場合

食事制限をしていれば、
当然自分が満足出来る食事が出来ません。
そのため、お腹が満たされていても、
精神的には満たされていないので、
食事制限がストレスになってしまいます。

 

このストレスによって、
常に食べ物に対しての欲求が刺激されるため、
やたらと腹が減るという結果になることもあります。

 

食べることへの気持ちが強すぎる?

また、食べることに気持ちが向きすぎているのも、
やたらと腹が減る理由です。
食べることが大好きという方は、
どうしても食べ物のことが頭から離れません。

 

食事をしても、無意識のうちに、
「次は何を食べよう」と考えてしまう。
情報番組や雑誌などで美味しそうなものを見ると、
それだけで食欲が刺激される。
こういった方は、満腹かどうかというのは関係ないので、
お腹が減ってしまうのです。