ドカ食い やめたい

ドカ食いがやめられない場合は原因を探ることから

ドカ食いをしてしまうということには、
ほとんどの場合原因があるものです。
ただ単に、空腹と言うだけでは、あまりドカ食いはしないもの。
ドカ食いを引き起こす原因は、極度の食事制限、ストレス、
自律神経やホルモンバランスの乱れです。

 

ですから、単純に言ってしまうと、
これらの原因を改善すれば
ドカ食いを防ぐことが出来ます。でも、こういった原因を改善するのは
簡単なことではありませんから、
他の方法でドカ食いを防ぐしかないのですね。

 

解禁日を作ることでドカ食いを防ぐ

食事制限によるドカ食いを防ぐには、
解禁日を作るという方法がいいでしょう。
1週間に1日だけ、何も気にせず好きなものを
食べていいと日があれば、
食事制限によるストレスも溜まりません。

 

それに、解禁日があることで気持ちに余裕が出来るので
ドカ食いを防ぐことが出来ます。

 

ストレスからくるドカ食いを防ぐ

仕事や人間関係などのストレスで
ドカ食いをしてしまう場合は、
食べることでストレスを解消しようとしているということ。

 

その矛先を変えてあげることで、
ドカ食いを防ぐことが出来ます。
ジムに通ったり、スパなどで汗を流す、
没頭出来る趣味を見つける、
アロマを焚いたりヒーリングミュージックを聴く。
食べると言うのは一番手軽なストレス解消法ですが、
それに代わるものを見つけましょう。

 

ホルモンバランスの乱れからくるドカ食いを防ぐ

ホルモンバランスが原因になっている場合には、
ドカ食いの制御は一番難しいかもしれません。
ですから、血糖値を上げたり、水分などで
胃を満たすなど、体内的な方法がいいでしょう。
ドカ食いをしたくなったら、チョコや飴などを少し食べたり、
スープやお味噌汁、飲み物をたっぷり飲む。

 

体内をコントロールして、必然的に
満腹感を得ることで、ドカ食いが出来なくなります。