食欲を抑える 飲み物

満腹中枢を刺激するには温かい飲み物がベスト?

食欲を抑えるには、飲み物を活用するという方法があります。
飲み物と言うのは、一時的であったとしても
お腹に溜まるので、食欲を抑えやすいのです。
でも、食欲を抑えるという意識で飲むなら、
より効果的な飲み物を選びましょう。

 

食欲を抑えるのに効果的と言われているのが、
コーヒーや紅茶、お茶などです。
これらの飲み物にはカフェインが含まれているので、
このカフェインが食欲を抑制してくれます。

 

飲み方は、出来るだけ
温かいものをゆっくりと飲むと、さらに効果的です。

 

ただ、コーヒーや紅茶を飲むと、
お菓子が食べたくなるという方もいるでしょう。
そういう場合には、少量のお砂糖や
糖分カットの甘味料を入れると、
満足感があるので食欲を防ぎます。

 

また、炭酸水も食欲を抑えるのに効果的です。
炭酸は体に吸収されやすく、血液中に入って
血行を促進する作用を持っています。
血行が促進されると、満腹中枢が刺激されるので
食欲が抑えられるのですね。

 

それに、炭酸の気泡で胃の中もいっぱいになるので、
満腹感も得ることが出来ます。
ただし、炭酸ジュースは糖分によって
食欲が増加してしまうことがあるので気を付けましょう。

 

どうしても甘い飲み物が良い、という方にはココアがオススメです。
ココアには、幸せを感じる脳内物質のセロトニンをサポートする、
テオプロミンという成分が含まれています。
この成分によってセロトニンが満足感を得ることで、
食欲が抑制出来るのです。

 

 飲み方は、少量の温かいココアを、
ゆっくりと時間をかけて飲むのがポイントです。