食欲 抑える 運動

骨盤を意識した運動で食欲を抑えましょう

 

食欲を抑えるのに、軽い運動は効果があります。
ハードな運動だとエネルギーの消費が激しいので
たくさん食べて補おうとする逆の働きが出てしまいます。

 

運動をまったくしないと、
食べることに意識がいきがちになり発散できず、

食欲を抑えることができなくなります。
結果軽めの運動がベストだといえます。

 

今回の骨盤運動は、ゆがみやすい骨盤を整えることで
体全体の調子を整えながら食欲を抑えることができる運動です。
副交感神経に作用し、
程よいリラックス効果でがありますのでやってみましょう。

 

その1
両足は肩幅程度の広さに広げます。ピンと背筋を伸ばし、
腕をぐっと伸ばしながら深く深呼吸しましょう。

 

その2
右腕を曲げて腰に当てながら、左腕を伸ばし
上体を右に倒していきます。
この時、息をゆっくりと吐きながら行いましょう。

 

その3
10秒程度行い、今度はその逆も行います。
呼吸に意識をしながら、
左右で3セットずつやってみましょう。

 

その4
それが終わったら、右手を上に上げて伸ばします。
左手を右足の親指あたりに持っていきましょう。
腰と腹筋部分にねじりを感じてください。

 

その5
手を上にあげるときにゆっくりと息を吸い、
つまさきに持っていく段階でゆっくりと息を吐きましょう。
上体を起こす時には息を吸いながら起こしましょう。

 

その6
この繰り返しを5セット行います。
しっかり行うと、割と息があがる運動です。
筋肉を伸ばすときは息を必ず吐くようにしましょうね。

 

とても簡単な運動ですので、
家事の合間や仕事の合間にも行えます。
食欲を抑える工夫のひとつとして、
今日からでも実践してみてはいかがでしょうか。