食欲 抑える 妊娠中

妊娠中の食べ過ぎは難産の原因になることも

妊娠初期に多くの方が経験するのが「つわり」です。
つわりと言うと食事が出来ない嘔吐の症状が
イメージされますが、つわりの種類には食べないと
気持ち悪くなる「食べづわり」というのもあります。

 

 

お腹の赤ちゃんにきちんと栄養を届けるためにも、
食欲がなくなるのは困ったことです。
しかし抑えることができない食欲というのも、
妊娠高血圧症や妊娠中毒症の原因となり
危険なのです。

 

妊婦さんの最初の体重にもよりますが、
太りすぎは難産の原因にもなります。

 

うまく食欲を抑えるような工夫をして、
楽しい妊婦ライフを送りたいですね。

 

摂取すべき栄養素は、ビタミンミネラルをはじめ
鉄分、カルシウム、葉酸、タンパク質などは
重点的に必要になります。運動量が減りますので、
カロリーは控えめが理想です。

 

貧血になりやすい時期なので、レバーやほうれん草などの
鉄分食材をしっかり摂りましょう。
また、魚やチーズ、牛乳などでカルシウムを補っていきましょう。

 

便秘になりやすいので、
さつまいもやセロリなどの食物繊維を忘れずに。
ビタミンCを含み、ストレスを緩和する果物類や
野菜類は特にたっぷりと摂りましょう。

 

つわりの症状ですが、酸っぱいものや甘いもの、
辛いものといった特定のものが食べたくなることがあります。

 

食欲を抑えるだけでなく、
糖分や刺激物の摂りすぎにも気をつけなくてはいけません。

 

ついついの食べすぎを抑えるには、
食前に軽く胃に入れるのがいいです。
スープや青汁などの水分を摂ることで、
食事量を減らすことが可能です。